【タバコがヤバい】歯茎の黒ずみはなぜ起こる?原因と治す方法【歯茎が黒い人は必見】

歯を磨いていて、歯茎の色が気になる事はありませんか。

 

もともと歯茎はきれいなピンク色をしています。これがなんだか黒ずんでいる方も多いのです。

 

とくに女性の場合、笑って歯茎が見えた時に不潔な印象を与えてしまいます。いくらきれいにメイクをしていてもこれでは台無しですよね。

 

歯茎の色が悪くなっている方は、でいるだけ早めに手を打ちましょう。なぜなら、こういうデータがあるからです。

 

【他人の顔を見るときにどの部分を見るか】

 

日本臨床矯正歯科医会によって2006年に行われた調査によると、人の顔を見る時、無意識に目元・口元を見ているのです。

 

目元 90.2%とダントツ1位

口元(歯)が2位で46.6%

 

ヘアスタイルをきちんと決めていても、自慢のバッグを持っていても、人の目が行くのは顔、とくに歯は重要なパーツということなのです。

 

歯茎の色が黒くなっているとデメリットしかありません。とくに女性の場合は重要な意味を持ちます。

  • メイクを完成させていても歯茎の黒みが目立つ
  • 歯茎の色が気になって笑顔になれない
  • 不潔そうに見える
  • 男っぽい印象になってしまう

 

しかしどうして歯茎の色が悪くなっているのでしょうか。芸能人やモデルさんはきれいなピンク色をしている人が多いですよね。

 

きれいにする方法とともにご紹介していきましょう。

 

◎歯茎が黒い原因

◎歯茎ピーリングで歯茎を綺麗にする方法

 

この2つについて徹底解説します。

 

 

歯茎が黒ずむ理由と改善方法

 

どんなにイケメンでも美女でも、歯茎が汚れて見えると『なんだかなぁ…』と思ってしまいますよね。

 

『歯茎』というと、ピンク色系のイメージがありますし、歯茎がきれいな人は綺麗です。

 

そのため黒ずんでいると目立ちますし、不潔に見えたり、口臭がきつそうに思われたり、年よりじみて見えたり、良い印象は持ってもらえません。

 

もはや

口元が汚い=顔が汚い

こう図式が成り立ちそうです。

 

歯茎が黒い原因を知って、すぐにでも治すべきでしょう。

 

 

歯茎が黒い原因は?

 

歯茎の色は、基本的にはメラニン色素の沈着が原因となっています。

 

メラニン色素は外からの刺激を受けると、細胞が活性化されて防護機能として黒いメラニンを生成するのです。

 

具体的に歯茎が黒くなる5つの例を見てみましょう。

 

タバコのヤニ

 

一番分かりやすい例としてタバコのヤニがあります。

 

タバコを吸うと歯茎が黒くなるだけでなく、歯も汚くなります。

 

タバコのヤニが歯に着色し、タバコの刺激によって歯茎の粘膜に着色しやすくなってしまいます。

 

また、タバコのニコチンが血行をとどこおらせるため、歯茎が暗い紫になってしまうのです。