オフィスホワイトニングでどれくらい白くなる?歯科衛生士が解説します

あなたは自分の歯の色に自信がありますか?

テレビや雑誌に出ている人たちの白い歯はとても憧れますよね。

歯医者さんでホワイトニングしたら同じように歯が白くなるのでしょうか。今回は、オフィスホワイトニングで歯がどれくらい白くなるか、お話していきますね。

オフィスホワイトニングをすると芸能人みたいに白い歯になれる?

 

オフィスホワイトニングとは歯医者さんで行うホワイトニングです。プロがしてくれるのだから、芸能人と同じくらい白い歯になれるのでしょうか。もちろん、同じくらい白い歯になる効果はあります。一般的に2~3トーンは明るくなります。

 

歯の白さは、自分の元の色より明るくなると思ってください。例えば、黄色の歯は薄黄色、薄黄色なら白くなっていきます。芸能人の歯は真っ白なことが多いですが、それは表面を薄く削ってラミネートべニアという素材を歯につけて白く見せる方法をとっていることが多いのです。そのため、オフィスホワイトニングでは完全に真っ白になることはありません。

 

オフィスホワイトニングは、笑った時に自然な白さに見えるようになります。色が2~3トーン明るくなると、ご自身や他の人に見られたときに白くなったと十分に感じられる白さです。

 

プロの施術でムラなく白い歯に!

 

オフィスホワイトニングでは、高濃度の薬剤を使うことが可能です。歯医者さんで一回ホワイトニングをするごとに、歯が白くなったことを実感することができます。施術する前は、歯科医師や歯科衛生士がしっかりクリーニングをしてくれるので、ムラになる心配はありません。

 

効果は短期間で実感できますが、じっくり時間をかけて行うホームホワイトニングのほうが白さは長持ちするといわれています。

 

歯が白くなる人とならない人とは?

 

ホワイトニングをすれば誰でも歯が白くなるのでしょうか。実は、人に個性があるように、歯も一人一人違うのです。ホワイトニングの効果が出にくい人もいるので注意が必要です。

 

元々の歯の色が濃い

歯の色が濃いと、歯が白くなるのを実感できない場合があります。歯の色が濃くなってしまう理由をご紹介します。

①着色や歯石がついている

コーヒー、紅茶、赤ワイン、カレーやケチャップなどの合成着色料を使用した食品などを好んで食べる方は、歯に色素が付着しやすくなります。ブラッシングで磨き残しが多いと、プラークが固まって歯石になります。歯石がつくと、その部分に汚れが付着しやすくなってしまいます。

②加齢による変化

加齢により歯が黄色くなっていきます。日頃のブラッシングなどで歯の表面のエナメル質が薄くなると、その下の象牙質の黄色い色が見えてくるためです。ですがこれはホワイトニングでも改善が期待できます。

③神経がない歯

虫歯などで神経を取ってしまった歯は、だんだんと黒ずんできます。

④薬による着色

薬品により、歯に着色してしまうものがあります。うがい薬のポピヨンヨードや、テトラサイクリンなどの抗生物質、液体漢方薬などです。

 

人工物の詰め物、被せ物をしている

虫歯などで治療した部分の詰め物や被せ物にはホワイトニングはできません。これらは、できないというよりも、効果が無いため白くならないのです。治療してから年月が経つと、詰め物や被せ物も着色し、黄色くなってきます。その場合は治療をやり直して、白い詰め物や被せ物に変える必要があります。

フッ素コーティングをしている

現在、市販されている歯磨き粉にはフッ素が含まれているものが多いです。虫歯予防には最適ですが、ホワイトニングに使用する薬剤が歯に浸透しにくいという欠点もあります。もちろん白くはなりますが、効果が出るまで時間が必要になります。ホワイトニング後は、フッ素が歯を守るのに有効に働きますのでフッ素入り歯磨き粉を使用してください。

 

ホワイトニングの効果はいつまで続くの?

 

オフィスホワイトニングは一般的に3~6か月持つとされています。こちらも個人差があり、毎日の歯磨きのお手入れが大切になってきます。食べるものや、飲み物、喫煙などの個人の好みがホワイトニング効果の長さを左右します。

 

白い歯を長持ちさせたい!どうすればいいの?

 

食べ物や飲み物に気を付けるというお話をしましたが、食事をしたらうがいをしっかりすること。着色が付きやすいコーヒー、紅茶、カレー、ケチャップ、醤油など色の濃いものを飲食した場合は歯を磨くようにしましょう。

 

歯についたばかりの着色であれば、歯医者さんで簡単に落とすことができます。定期的にクリーニングと検診をして、お口の健康も一緒に維持していくことが大切です。

 

最後に

 

歯の状態は皆さん違います。まずは自分の歯を歯医者さんに確認してもらい、理想の白さについて先生や歯科衛生士によく相談することが大切です。ホワイトニングの前に治療が必要かどうか、回数がどれくらい必要なのか確かめましょう。自然な白い歯で、自分らしい素敵な笑顔を手に入れてみてくださいね。