ホームホワイトニングは効果なし?歯が白くならない原因と解決方法まとめ

自宅でホームホワイトニングしてみたけど思ったより白くならなかった…そんな経験ございませんか?

 

今回はホームホワイトニングをしてみたけれど歯が白くならない原因と、解決方法について歯科衛生士の目線からお話しさせていただきます。

ホワイトニングで全く白くならない原因と解決方法

ホワイトニングは過酸化水素という薬剤の化学反応によって、歯が白く漂白されます。

 

それはホームホワイトニングでもオフィスホワイトニングでも同じです。

 

そのホワイトニング剤が適応しない歯に薬剤を塗布しても効果は出ません。

 

治療で被せ物をしている歯

虫歯や審美的な要因で歯を360°ぐるっと削って、被せ物をしてある歯はホワイトニングの適応ではありません。

 

白い被せ物・金属の被せ物・高額な自費の透明感のある被せ物など、被せてある種類に関係なくホワイトニングされません。

 

インプラントの歯も同様の理由により適応外となります。

 

このような歯を白くしたい方は表面の汚れを取ってみるか、被せ物のやり変えをオススメします。

 

ラミネートベニア修復してある歯

ラミネートベニアというのは審美的な要因で治療する方が多く、歯の表面だけ削り陶材などの人工的な歯の表面を貼り付けて白く見せるものです。

 

被せ物をしてある歯と同じように、ラミネートベニアをしてあるところもご自分の歯ではないので適応外となります。

 

このような歯を白くするにもラミネートベニアのやり替えにはなるのですが、歯の白さをしっかり歯医者と相談して決められるといいと思います。

治療で削って詰めている部分が広い

虫歯治療では部分的に削って白いプラスチックをつめる処置がありますが、この白いプラスチックの部分も漂白されません。

 

ご自分の歯の部分は漂白されるのですが白いプラスチックをつめている面積が広い方はその部分の色の変化はなく、ご自身との歯と色の違いが出てしまう場合があるので注意しましょう。

 

この歯をムラなく白くしたい方は、ホワイトニングをしたあとにその白さに合わせてプラスチックを詰め直しすることも可能です。

神経を抜いている歯、神経が死んでいる歯

歯の神経を抜いたりなにか理由があって歯の神経が死んでしまうと、歯の中から段々と黒ずんできます。

 

ホームホワイトニングは歯の表面の着色成分を薬剤の力で漂白するので、歯の中の方から黒ずんでしまっている歯は適応外となります。

 

このような歯は歯医者で行うウォーキングブリーチ(歯の中から色を漂白する)という方法があるので、かかりつけ歯医者に相談してみてください。

著しく歯の表面が汚れてしまっている歯

歯の表面に付着する着色汚れの量が多かったり、しっかり歯磨きをせず歯垢がいっぱい溜まってしまっている歯は薬剤の効果が出にくいです。

 

あまりにも進行している歯周病の方もホワイトニングは適応ではありませんので注意してください。

 

まずはしっかり歯の表面の汚れを落とし、歯周病治療を行なってからホワイトニングされるといいでしょう。

 

虫歯による黒ずみだった

虫歯が出来始めは脱灰という症状で歯の表面が白くなってきますが、段々進行するにつれて黒ずんできます。

 

虫歯による黒ずみはホワイトニング剤では白くならないですし、薬剤がしみてしまうので適応外となります。

 

こちらも歯医者で治療を行い、つめるものを白くしたいと歯科医に伝えてください。

 

今は治療でもいろんな材料が選べるので、しっかり相談に乗ってもらえると思います。

ホワイトニングであまり白くならなかった原因と解決方法

テトラサイクリン系のお薬による黒ずみ

小さい頃にテトラサイクリン系のお薬を服用すると、大人になってから歯が横波の黒ずみ(バンディング)がでてくる方がいます。

 

ホワイトニングの適応ではあるのですが、色の濃度が濃いとホームホワイトニングでは効果が出ずらい場合があります。

 

まずは歯医者で歯科医や歯科衛生士が施術するオフィスホワイトニングを受けていただき、割と白くなってきたところでホームホワイトニングを行うと白さを保つことができるのでオススメです。

 

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを行うことをデュアルホワイトニングというので、まずは歯医者でデュアルホワイトニングしてみたい!と相談してみてください。

 

エナメル質が薄すぎる

歯の表面のエナメル質が薄すぎるとその下の象牙質の色が見えて、黄ばんだように見えます。

 

ホワイトニングは光の乱反射(マスキング効果)によっても歯を白くみせてくれるので、象牙質の色が見えやすい人にもオススメですがあまりにエナメル質が薄いとしみやすくなるので注意です。

 

何度が繰り返しホワイトニングを行なっても期待するところまで白くならずしみる症状も強ければ、歯冠修復で被せ物やラミネートベニアをすることも検討してみて下さい。

 

ホワイトニング中に着色するようなものを食べている

ホワイトニングを行なったあと24時間は色を再吸収しやすいため、食べるものに制限があります。

 

特にホームホワイトニングは毎日行うものなので、ホワイトニングを行なっている数週間は注意が必要です。

 

コーヒー、紅茶、赤ワイン、カレー、ダークチョコレート、お肉、タバコ、濃い色の口紅などは控えるようにしましょう。

 

ホワイトニングには個人差がある

ホワイトニングには元々のご自身の歯の色味だったり、日常生活によっても変化が現れやすいので効果には個人差があります。

 

一般的にホワイトニングをすることで2トーン程度明るくはなりますが、絶対白くなるとは言い切れません。

 

逆に行なってみたら漂白されやすくて思ったよりも白くなった!と言うこともあります。

 

ホームホワイトニングも個人差が出やすいことをご理解した上で、行なってみてくださいね。

最後に

ホームホワイトニングは自宅で好きな時にできるのでとても手軽ですが、色々きまり事や注意点もあります。

 

購入した歯医者でしっかり相談し説明書をよく読んで正しく使用して、キレイな白い歯を手に入れてくださいね。