ホームホワイトニング後に歯が痛い&しみる時の原因と対処法【知覚過敏対策】

今流行のホームホワイトニング…歯が白くなってとても嬉しいけど、行ってみたら意外と歯がしみて辛い、そんな経験ございませんか?

 

私も初めてホワイトニングをした時は息をする風だけでしみることがあり辛い時もありました。

 

今回はホワイトニングの後に歯に痛みが出てしまったり、しみる症状がある原因と対処法について歯科衛生士からの目線でご紹介させていただきます。

なぜホワイトニング後に歯がしみるの?

ホワイトニング剤による痛み

ホワイトニング剤は過酸化水素という成分で歯の表面(エナメル質)に浸透してしまった着色の色味を分解して歯を白くします。

 

日本人は歯の表面(エナメル質)が薄い為、エナメル質の下にある象牙質まで刺激が加わるとしみやすくなります。

 

象牙質は象牙細管という神経につながる細い管のようなものがあるので、その管から浸透して神経に刺激がいく為しみるという症状につながってしまうのです。

 

象牙質が露出しているため

加齢や歯周病、歯ブラシの磨きすぎなどにより歯肉が退縮して歯の根元の象牙質が露出しているとその部分からしみることもあります。

 

歯ぎしりにより噛み合わせや根元部分が削れてしまう方も同じようにしみる症状が出やすいです。

 

あんまりにも広い範囲で象牙質が露出している歯にはホワイトニングは行なわないほうがいいでしょう。

 

歯に亀裂が原因

歯に亀裂(クラック)が入っている場合も亀裂から薬剤が染み込んでいくのでしみる症状につながっていきます。

 

あまりにも症状が強い時は亀裂の入っている歯は避けてホワイトニングを行いましょう。

虫歯があるため

虫歯がある歯も薬剤でしみてきます。

 

そもそも虫歯の歯はホワイトニング適応ではないので虫歯の治療をしっかり行なってからホワイトニングをされることをお勧めします。

 

歯と歯の間の虫歯だとご自分で気付きにくいのでホワイトニングをされる際はしっかり歯医者さんに診てもらってくださいね。

 

しみる時の対処法は?

まずは様子をみる

ホワイトニングは過酸化水素の成分により一時的に脱灰という状態をおこします。

 

その脱灰している間はしみやすいのですが唾液の作用により再石灰化してくると基本的にはしみる症状は落ち着いてきます。

 

まずはホワイトニングを一旦中止して再石灰化されるまで待ってみて、段々としみる症状が落ち着いてくれば再開しても大丈夫です。

 

その間は特になるべく冷たい食べ物、飲み物は控えるようにしましょう。

 

知覚過敏用の歯磨き粉を使用する

今薬局などで知覚過敏用の歯磨き粉も販売されています。

 

知覚過敏用の歯磨き粉を使用すると硝酸カリウムの力で歯の表面にバリアを張ってくれるのでしみる症状を和らげる効果があります。

 

あとフッ素配合のものも多いので虫歯予防にもおすすめですし、フッ素の効果で強い歯を作り上げてくれます。

ハイドロキシアパタイト系の歯磨き粉を使用する

ハイドロキシアパタイトとはリン酸カルシウムの一種で歯と骨の主成分です。

 

日々の歯ブラシやお食事で傷ついてしまった歯の表面に塗布することで傷の補正をしてくれます。

 

歯の表面の傷が補正されることで日々のお食事の着色成分の沈着予防にもなりますのでオススメです。

キシリトールやCPP−ACP配合のガムをかむ

キシリトールは歯の再石灰化を促し歯を強くしてくれる作用と、虫歯菌の活動を弱める働きも持っています。

 

CPP−ACPは牛乳由来の成分で天然由来成分カゼインホスホペプチド(CPP)と、リン酸カルシウムのアモルファスカルシウムホスフェート(ACP)の複合体のことで、お口の中の細菌やホワイトニング剤の漂白などで抜け出してしまった歯の成分を補ってくれます。

 

外出先で歯がしみる時などはコンビニなどで手軽に購入できますのでぜひ試してみてください。

歯医者に相談する

ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングと比べると過酸化水素の濃度が低いので基本はしみにくくできているのですが、使用していただく方の歯やお口の状態によって症状が強く出ることもあります。

 

しみる症状が続いたり痛みが強くなるようならホワイトニング剤の使用を中止してかかりつけの歯医者さんに相談してみてください。

 

場合によってはしみ止めのお薬を塗布してくれたり、治療が必要な場合もあるかもしれないので専門的な目でしっかり診てもらってくださいね。

最後に

ホームホワイトニングは自分で好きな時に行えるのがメリットですが、トラブルが起こった時にすぐ専門家に相談できないのが難点です。

 

私が施術や説明をさせていただき正しく使用していても、多少はしみる症状が出てしまう方も多くいらっしゃいました。

 

ご自分の歯やお口にホワイトニングが適応なのか、どのようなトラブルが起こりやすいかなど歯医者さんでしっかりカウンセリングを受けてからホームホワイトニングを行いキレイな白い歯を手に入れてくださいね。