歯のホワイトニング中に避けるべき飲み物まとめ

普段の生活で欠かせない飲み物。日頃は特に気にしていない方が多いかもしれませんが、ホワイトニング期間中は注意が必要です。何気なく飲んでいるものがホワイトニング効果を妨げてしまう可能性があります。

こちらの記事では歯のホワイトニング中に飲まない方が良い飲み物についてまとめました。

普段の生活習慣を見直して、ホワイトニング効果を最大限高めていきましょう。

ホワイトニング中の着色に要注意

ホワイトニング中は、ホワイトニング剤による効果によって歯の表面にあるペリクルという膜が剥がた状態になっています。またエナメル質はむき出しになっているためしみたり着色しやすい状態になっています。

 

ペリクルが再生するのには12〜48時間かかるといわれているため最低でもホワイトニング後24時間は着色しやすい飲み物は避ける様にしましょう。

 

歯のホワイトニング中に避けるべき飲み物一覧

赤ワイン

ポリフェノールを多く含む赤ワインは健康に良いとされていますが、ポリフェノールは歯に色素沈着を起こしやすい物質のため避ける様にしましょう。中でも色が濃い赤ワインは最も着色汚れが付きやすいのでホワイトニング期間中は避けた方がよいでしょう。

 

コーヒー、紅茶、ウーロン茶、緑茶

タンニンやカテキンを含むコーヒー、紅茶や緑茶などのお茶類も避けた方がよい飲み物です。タンニンはポリフェノールの一種であり「渋」の成分です。緑茶を飲んだ際湯のみに茶渋が付くイメージで歯にも着色を及ぼします。

 

ココア

ココアにはカカオマスポリフェノールという成分が含まれておりこちらもポリフェノールの一種なので注意が必要です。

 

豆乳

一見白くて、着色には問題ないように思える豆乳ですが、豆乳に含まれているイソフラボンも実はポリフェノールの一種です。見た目が濃い色でなくてもポリフェノールが含まれている事で歯の黄ばみにつながってしまうため注意が必要です。

 

柑橘系ジュース、柑橘系炭酸飲料、コーラ

歯の表面を覆っているエナメル質は非常に固い物質なのですが、酸に弱く溶けやすいという性質があります。またホワイトニング直後は歯の保護膜がないため通常よりも、よりカルシウムが溶けやすい状態になっています。

 

酸性度の高い飲料は歯を溶かしてしまう原因になるため、特にホワイトニング期間中は要注意です。

 

例えば炭酸水は水の中に炭酸ガスが溶け込んでいるため弱酸性になっています。中でもグレープフルーツやレモン等の柑橘系のフレーバーの炭酸飲料はクエン酸が加わっている場合が多く、酸性度が高くなっています。

 

味のついていない炭酸飲料が歯を溶かしてしまう危険性は通常低いのですが、酸味や砂糖が多く含まれていると歯を溶かしてしまうスピードを加速させてしまします。

 

コーラなども炭酸飲料かつ糖分が多く含まれているため、ホワイトニング期間中は避けた方がよいでしょう。

 

栄養ドリンク、スポーツドリンク

栄養ドリンクやスポーツドリンクも酸性度が高い飲み物なため注意が必要です。

 

どうしてもコーヒーが飲みたいときは

この記事をご覧の方の中にはコーヒーが習慣化している方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

実はホワイトニング経験者の筆者もその一人です。ランチ後はコーヒーを飲まないとなんだか気持ちが落ち着かなくて、毎日のルーティーンを急に変えることに抵抗がありました。そこでどうしても着色性の高い飲み物を飲みたい方へアドバイスです。

飲む前にコップ一杯のお水を飲む

口腔内が乾いている方が着色しやすいため、着色させやすい飲料でも一旦お水でお口の中を湿らせてから口に含むことで着色しにくくすることができます

ストロー作戦

熱い飲み物だと難しいかもしれませんが、冷たい飲み物の場合はストローを使用してみてください。物理的に飲料が歯に触れないように気をつけるだけでも効果があります。

飲んだらすぐに口をすすぐ

すぐに口をゆすぐことで、コーヒーの色素が歯に吸着する前に洗い流すことができます。色素が歯に溜まっている時間が長くなればなる程着色しやすいため、すぐに洗い流す事で着色予防効果があります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。普段の生活から少し見直していただくことでホワイトニング効果を高める事ができます。

 

しかし習慣化してしまっている方は控える事が難しいかもしれません。

 

もちろん着色しやすい飲料を飲んだ際はすぐに歯磨きをすることが一番の着色予防になりますが、飲む前と後に少し気をつけるだけでも効果があるので是非気にしてみてください。

 

生活習慣を見直して憧れの白い歯を目指しましょう。