ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの違いを比較してみた【どっちがおすすめか解説します】

この記事では、歯のホワイトニングの方法として知られる「ホームホワイトニング」と「オフィスホワイトニング」の違いについて解説します。

ホワイトニングを受けてみたいけど、ホームとオフィスって何が違うんだろう…?とお悩みの方はぜひご覧ください。

私自身、ホームホワイトニングを受けたことがあるのですが、受ける前にホワイトニングについて調べました。(失敗したく無かったからです…。)

結果、私は格安のホームホワイトニングを選んで正解でした。読者の皆さんはご自身の状況に合わせた選択肢を取ってくださいね。

ホームホワイトニングとは?

自宅で、自分自身で行うホワイトニングです。

歯医者さんに行って、歯の型をとり、自分専用のマウスピースを作成します。その中に、歯を白くする薬剤(ホワイトニングジェル)を入れて、規定時間装着して、白くしていく方法です。

徐々に、白くしていくので、自分のお好みの白さにしていくことが出来ます。薬剤は、低濃度のものを使用するため、知覚過敏や、白濁などのトラブルは起こりにくく、一般の方でも安心・安全に使用できます。

 

オフィスホワイトニングとは?

歯医者さんやクリニックで、歯科医師が施術してくれるホワイトニングです。

歯に薬剤(ホワイトニングジェル)を塗布し、専用ライトで照射して、その後に薬剤を洗い流します。

この工程を2〜7回ほど繰り返します。高濃度の薬剤や、専用の機械を使うことができるので、その場ですぐに効果を実感することが出来ます。

ホワイトニングにかかる費用の比較

  • ホームホワイトニング 15,000円〜30,000円 ※上下マウスピース作成と、初回ジェル
  • オフィスホワイトニング 20,000円〜50,000 円 ※上下16本の場合

 

ホームホワイトニングの場合、マウスピースの作成に数万円が必要です。

但し、1回作成してしまえば、大きく歯並びが変わらない限りは、継続的に使用が可能です。

後戻りが気になってきた際や、もっと白くしたいと思った際には、追加で薬剤(ホワイトニングジェル)だけを購入することも可能なため、メンテナンス費用は、小額で抑えられます。

追加のジェルは、クリニックにもよりますが、だいたい1本2,500円程度で購入可能です。

オフィスホワイトニングも、クリニックや、白くしたい歯の本数、施術工程で何回(何分)ライトを照射するかによって、値段が異なります。

ホワイトニング効果の比較

ホームホワイトニングの方が、低濃度の薬剤を使用して、除々に歯を白くしていくことから、自然な白さに仕上がります。また白さの後戻りがしにくいことも特徴の一つです。

但し、自分でマウスピースに薬剤を入れるため、規定量より少なく使用したり、入れ忘れたりする場所があると、歯の白さの仕上がりにムラが出来てしまうこともあります。

一方、オフィスホワイトニングは、即効性があり、すぐに効果が実感できるメリットがある反面、後戻りしやすいといデメリットがあります。

専門の医師が施術してくれるので、薬剤の使用誤りによる、ムラの心配はありません。

ホワイトニングの施術1回あたりに掛かる時間の比較

ホームホワイトニングの場合、使用する薬剤にもよって異なりますが、通常1日2時間程度、装着します。

一方、オフィスホワイトニングの場合、診療を受けて処置するまで(例:10分×3回の照射の場合)の時間は約1時間程度です。こちらは、何回照射の工程を行うかによっても施術時間が異なります。

ホワイトニング効果を実感できるまでに掛かる時間

  • ホームホワイトニング 2〜4週間程度。
  • オフィスホワイトニング その日

 

効果が出る期間には個人差があるため、一概には言えませんが、時間をかけてゆっくり白くしていくホームホワイトニングに比べ、オフィスホワイトニングは専用の機械で、高濃度の薬剤を使用できるため、すぐに効果を実感できます。

補足ですが、ホワイトニング中は、薬剤の影響で、歯に色が付きやすい状態になっているため、コーヒーや、緑茶、カレーなどの着色性食品(色の濃い飲食物)は控えなければなりません。

ホワイトニング効果の持続期間の違い

 

  • ホームホワイトニング 6ヶ月〜1年程度
  • オフィスホワイトニング 2〜3ヶ月

オフィスホワイトニングは、短期間で効果を実感できますが、ホームホワイトニングに比べ、後戻りしやすいというデメリットがあります。

結局どっちのホワイトニングがおすすめ?

持続期間長く、自然な白い歯にしたいなら、ホームホワイトニングがオススメです。

子育てやお仕事で忙しく、なかなか通院ができない方は、こちらの方が良いでしょう。

 

短時間で効果を出したいなら、オフィスホワイトニングがオススメです。

マウスピースの装着が苦手な方は、こちらの方が良いでしょう。

 

また、お金がかかってもいいから、すぐに・かつ持続的に自然な白い歯にしたいという方には、ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの両方を組み合わせた、デュアルホワイトニングという方法もあります。

二つの施術を併用するので、当然ながら費用は高額になりますが、興味のある方は、歯医者さんで相談してみてください。

 

ちなみに筆者は、調べて考えた結果、ホームホワイトニングを選択しました。

一度自分の歯型のマウスピースさえ作ってしまえば、後戻りが気になりはじめた際、ジェルだけ追加購入すれば良いので、長期的なメンテナンスを考えるとこちらの方がコスパが良いと判断しました。

マウスピースも寝る前の携帯をいじっている際や、本を読んでいる際に装着していたのですが、2時間は結構あっという間で、苦にはなりませんでした。

まとめ

ホームホワイトニングと、オフィスホワイトニングの違いは、お分かりになりましたでしょうか。

あなたのライフスタイルや、目的に合わせて、どちらが適しているか、検討してみてください。