ホームホワイトニングはいつまでやるべき?やめるタイミングを解説!

この記事では、ホームホワイトニングはいつまでやるべきか。実際にホームホワイトニングを受けた私が解説します。

ホームホワイトニングを受けてみようか考えているなら参考にしてくださいね。

ホームホワイトニングの施術期間

ホームホワイトニングを行う期間は、基本的には2週間〜1ヶ月、それよりもっと白くしたい場合は2ヶ月程度継続します。

 

体質や、食生活にもよるため、一概には言えませんが、だいたい2週間で、色見本でいうところの、2〜3段階白くなると言われていますので、ご自身で効果を感じられるのもだいたい着用をはじめてから、2週間後です。

 

最長でも2ヶ月程度で、一旦マウスピースの装着をやめて、普段の生活に戻っても大丈夫です。

 

ホームホワイトニングをすぐに辞めた方がいいケース

白くなっていなくても、すぐにホワイトニングを辞めた方がいいケースもあります。

 

それは、ホワイトニング使用後、薬剤の痛みがひかなかったり、日に日に痛みが増していく場合です。使用直後は薬剤の刺激でヒリヒリとした痛みを感じることもありますが、通常は2〜3日もすれば痛みがやわらいでいきます。

 

痛みがひかなかったり、痛みが増していく原因は、使用している薬剤の濃度が高すぎるなど、薬剤があなたに適していない可能性があります。

 

ホワイトニング剤の濃度は数種類あるため、低い濃度のものに変えてみるなどすれば解決するかもしれません。もしくは、ホワイトニングの薬剤そのものが、あなたの体質には合っていない場合もあります。

 

違和感を感じたら、まずはお医者さんに相談しましょう。

 

メンテナンスのペース

ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングに比べて、後戻りしずらい施術方法ではありますが、それでも一度白くなった歯が、永久的に続くわけではありません。

 

個人差はありますが、たいていの場合、半年から一年で、元の歯の色に戻ってしまいます。

後戻りで歯の黄ばみが気になってきたら、半年に一度、もしくは一年に一回程度のペース歯医者さんで相談してみましょう。

 

歯医者さんで、追加のホワイトニングジェルを処方してもらい、ご自身でメンテナンスをすれば、理想の白い歯が維持できます。

 

後戻りしないようにするには

一旦お金も時間もかけて白くした歯、なるべく長持ちさせたいですよね。

 

そう思われる方はまず、食生活を気にしてみましょう。

 

ホワイトニング中にも控えていた、ワインやカレーなどの着色性の高い飲食物を、ホワイトニング後にも控えるだけで、後戻りは軽減されるといわれています。

 

また、歯の表面に付着する着色汚れは、積み重なって、歯の内部にまで沈着していきますので、沈着してしまう前に、ケアすることが大事です。

 

市販でも売られている、着色汚れを除去する歯磨き粉を使用したり、定期的に歯医者さんで歯のクリーニングをしてもらうのも良いでしょう。

 

まとめ

ホームホワイトニングを始めて、特別な違和感がなければ、1ヶ月程続けてみて、効果に満足できたら、一旦やめて、あとはメンテナンスを継続していくのが良いでしょう。

 

メンテナンスを続けて、いつまでも白い歯を目指しましょう。