セルフホワイトニングとオフィスホワイトニングの違いを解説します

セルフホワイトニングという言葉をご存知ですか?

セルフというくらいなので、自分でするのかな。というのはなんとなくわかりますね。

ホワイトニングについて調べると様々な方法があることがわかります。今回は、セルフホワイトニングと、歯医者さんで行うオフィスホワイトニングの違いについてお話していきます。

セルフホワイトニングとオフィスホワイトニングとは?

 

セルフホワイトニングとは、専用のサロンに行き、自分自身で施術をしてホワイトニングをする方法です。オフィスホワイトニングは、歯医者さんで歯科医師、歯科衛生士によってホワイトニングをしてもらう方法です。2つのホワイトニングの特徴を、詳しくお話していきましょう。

 

セルフホワイトニングの特徴

  • 歯医者さんではなく、専用のサロンでホワイトニングを行う
  • 自分自身で施術を行う
  • 自分の元の歯の色に戻すことができる
  • 使用する薬剤は無機化合物の酸化チタンなどが用いられる
  • 低価格で始められる

 

オフィスホワイトニングの特徴

  • 歯科医院でしか施術できない
  • 施術を行うのは歯の専門家である歯科医師、歯科衛生士が担当する
  • あなた自身の元の歯の色より白くすることができる
  • 使用する薬剤は漂白効果のある過酸化水素である
  • 1回の施術は高価である

 

あなたはどちらのホワイトニングが向いている?

 

ホワイトニングを選択するうえで、何に重点を置いているかは人それぞれですよね。白くなるまでの期間、お金、方法、場所、メインテナンス。あなたにとって最適なホワイトニングを選ぶために、メリット、デメリットをわかりやすく説明します。

 

セルフホワイトニングのメリット・デメリット

 

セルフホワイトニングのメリット

セルフホワイトニングの最大の魅力は何といっても始めやすい手軽さです。歯医者さんに通うのが苦手な方や、低価格を希望している人。1回の施術で変化がわかりやすいのもいいですね。着色が気になっている人には手軽に簡単に行うことができます。使っている薬剤も安全性が高いため、痛みは出にくいです。

 

セルフホワイトニングのデメリット

ホワイトニングの施術は自分自身で行うので、薬剤を塗布するときはムラができやすいです。また、口の中に気になる部分があっても、サロンには歯科医師がいないためチェックはしてもらえません。薬剤は安全ですが、漂白効果はないため元の歯の色より白くなることはありません。

 

オフィスホワイトニングのメリット・デメリット

 

オフィスホワイトニングのメリット

オフィスホワイトニングは歯医者さんで歯科医師や歯科医師に施術してもらえることがいいところです。ホワイトニング前に口の中を確認してもらい、必要があれば治療やクリーニングを行ってくれます。プロが薬剤を塗布するのでムラがありません。使われる薬剤は、歯医者さんでしか使うことのできない高濃度の薬剤です。1回で違いが現れ、数回の施術で元の歯に色より白くなります。

 

オフィスホワイトニングのデメリット

ホワイトニングの際には必ず歯医者さんにいかなければいけません。予約に合わせられる仕事はいいですが、不定期で忙しい人は通院が難しいかもしれません。ホワイトニング後に、痛みが出る場合があります。1回の金額がセルフホワイトニングに比べると高額です。着色に気を付けた食事管理が必要になります。

まとめ

 

仕事帰りなどの、ちょっとした時間で始められるセルフホワイトニングと、歯医者さんでしっかり歯を白くするオフィスホワイトニング。あなたのライフスタイルや、どこまで歯を白くしたいかを考え、自分に合ったホワイトニングを選択してみてくださいね。