痛み止めが効かない時はどうすればいい?ホワイトニングの痛みの対策方法

ホワイトニングの後に、しみるような痛みが出ることがあります。

一般的な症状で、一時的なものが多いです。

 

しかし、痛みが続いてしまう、痛みが強くて日常生活に支障が出る場合があります。

ホワイトニングによって痛みが出ると不安だし、つらいですよね。

 

今回はホワイトニング後の痛みの解決方法についてお話していきます。

痛みが出た時の対処法

 

ホワイトニング直後に、しみるような痛みを感じる場合があります。これは一時的なもので、時間とともにおさまってきます。ホワイトニングをした後は、歯の表面のペリクルという、たんぱく質の層が剥がれている状態です。脱灰した歯は、時間が経つと唾液の効果で元に戻っていくのです。つまり、ホワイトニング直後は外部の刺激に敏感になっているのです。では、どんなことに注意すればいいのでしょう?

 

①冷たいものを口に入れない

ホワイトニング直後は、歯が敏感になっています。急に冷たいものを口に含むと、しみることがあるので注意が必要です。少し時間をおいて食事をとるようにしましょう。また、直後は着色もしやすい状態です。きれいに白くなった歯を保つためにも、人口着色料など、色の濃いものを飲食するのは避けてください。

②歯磨き粉で対策

歯磨き粉にはいろいろな種類があります。中には知覚過敏用の歯磨き粉もあります。この歯磨き粉の成分には、硝酸カリウムが入っているのでこれがバリアとなり、神経に痛みが伝わるのを防いでくれます。また、フッ素入りの歯磨き粉を使うことで再石灰化を促し、歯の表面を強くしてくれる効果があります。続けることで効果が現れるので、焦らず毎日使用して様子を見てください。

③リカルデントガムを噛んでみる

リカルデントガムには「CPP-ACP」という成分が入っています。これはカルシウムなどのミネラルを歯に取り込みやすくしてくれます。エナメル質を修復してくれるので、しみる痛みの解消に繋がっていきます。こちらも適量を噛むことを続けてみましょう。

④痛み止めを飲む

人によっては、もともと知覚過敏の症状があるとホワイトニングによって強い痛みが出る場合があります。日常生活に支障が出るような痛みには、市販の痛み止めで対応しましょう。また、歯科医院によっては痛み止めを処方してくれるので、かかりつけの歯医者さんに相談しましょう。

 

痛み止めが効かない!どうすればいいの?

 

痛み止めを飲んだのに効かない、効いても効果が切れるとまたつらい痛みに悩まされてしまう。そんな強い痛みがある場合には、必ず、ホワイトニングをしてもらった歯医者さんに行き、先生に相談しましょう。状態を確認してもらい、適切な処置を受ける必要があります。

 

痛みの原因

 

ホワイトニングの痛みは、薬剤の成分に含まれた過酸化水素によって、歯や歯茎を刺激することで起こります。過酸化水素は、消毒に用いられるオキシドールの成分として身近なものです。この濃度は3%くらいですが、ホワイトニングに使用される過酸化水素は10%と濃度が高いのです。そのため、歯に一時的に強い刺激を与えるので痛みや、しみる原因になる場合があるのです。

 

あなたの歯の痛みはどのタイプ?

 

「痛み」と一言で言っても、様々な症状があると思います。ホワイトニングでどんな痛みが出るのかをご紹介します。

 

1.ズキズキする

エナメル質という歯の表面に、傷がある場合はズキズキと痛むことがあります。傷の原因は、歯ぎしりや食いしばりによって歯に亀裂が入った場合。また、虫歯が原因の場合もあります。歯周病や加齢により、歯茎が下がっている場合も同じようにズキズキ痛むことがあります。ホワイトニングをする際は口の中を検査し、必要があれば先に歯の治療をします。

2.知覚過敏

ホワイトニングによる主な痛みは知覚過敏です。冷たいものを口に含んだ時や、ブラッシングの刺激によってピリっと痛みが走ります。ホワイトニングは、表面のペリクルを剥がし、脱灰することで弱くなっています。そのため、外部の刺激に過剰に反応して痛みが出るのです。もともと知覚過敏の症状がある人は痛みを強く感じることがあります。

3.口の中がヒリヒリする

濃度の高い過酸化水素は、歯だけでなく、歯茎にも影響がでる場合があります。歯茎に薬剤が長時間ついていると、火傷に似たヒリヒリとした痛みを感じます。オフィスホワイトニングでは歯科医師や歯科衛生士が施術するので、薬剤がついた場合にはしっかり拭き取ってくれますが、自分で薬剤をマウスピースに入れる、ホームホワイトニングでは、誤って歯茎についたままになると、ヒリヒリとした痛みが出ることがあります。

 

まとめ

 

歯を白くしてくれるホワイトニングですが、施術後には知覚過敏の痛みが出ることがあります。食生活や、歯磨き粉などのセルフケアで痛みが軽減され、問題ないことも多いです。

しかしながら、痛みがあまりにも強く、痛み止めが効かないような場合には必ず歯医者さんで対応してもらわなければいけません。ホワイトニングをしてもらった歯医者さんに相談し、適切な処置をしてもらいましょう。