歯の白さの段階・基準とは?理想の歯を目指すために知っておくべきこと

「歯を白くしたい」と思っているあなた。一言で歯を白くといっても「白い歯」の基準は人それぞれです。一般的に白い歯といわれているのはどのくらいか、あなたが目指している理想の白い歯には、どういったホワイトニング方法でどのくらいの期間で到達できるのか解説していきます。ご参考にされてください。

歯の白さの段階・基準

歯の白さの色見本として使われるものに「シェードガイド」というものがあります。

 

シェードガイドとは歯の白さを明るい順に並べたスケールで、ご自身の今の歯の色、目指す歯の色を決める指標となるものです。

 

歯科医院で一般的に使われているものに「VITAシェードガイド」というものがあります。

こちらは16種類ほどの違った色味をした歯が並んでおり、同じ白でもABCDと4つの色調系統に分類してそれを明るい順に並べたものです。

分類は以下の通りです。

 

  • A系統 赤茶タイプ
  • B系統 赤黄色タイプ
  • C系統 灰色タイプ
  • D系統 赤灰色タイプ

 

日本人の多くはA系統だといわれています。

VITAシェードガイドの歯の並びは以下のようになっています。

 

W1、W2、W3、B1、A1、B2、D2、A2、C1、C2、D4、A3、D3、B3、A3.5、B4、C3、A4、C4

 

最も色味の明るいW1、W2は芸能人のような真っ白は歯です。そのとなりのW3からA1あたりが人から見てもはっきりと白いなと気付いてもらえるようなレベルです。

 

一方で日本人の平均的な歯の色はA3.5〜A3だといわれています。

 

つまりA3の人がA1の白さにするには8段階白くする必要があるのです。

 

どこまで白くなる?

では、ホワイトニングでどのレベルまで白くすることができるのでしょうか。ホワイトニング方法別に解説していきます。

 

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは歯科医院で、専門の歯科医師によって施術してもらうホワイトニング方法です。

 

基本的には2回の施術で約3〜7段階アップすることができます。光照射回数や使用する薬剤の濃度によって、効果に幅があるので詳しくはホワイトニングのカウンセリング時に歯医者さんで確認してみてください。

 

ホームホワイトニング

自宅でご自身で毎日マウスピースを装着して時間をかけてゆっくり歯を白くしていくホームホワイトニングの場合、すぐに効果を実感することはできません。

 

こちらも使用する薬剤などによって効果は異なりますが、だいたい使用1週間で1段階、2週間〜4週間で約4段階アップすることが可能です。

さらに継続していけばシェードガイドででいうところのA1まで白くすることが可能です。

 

芸能人みたいに、もっともっと白くしたい

基本的にA1の白さまでは到達可能だといわれています。

 

しかしそれ以上にもっと芸能人のように白い歯にしたいと思われている方は、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせた、デュアルホワイトニングの施術を受けることをおすすめします。

 

2つのホワイトニング方法を併用するため費用は高くなりますが、それぞれのホワイトニング方法単独では到達できないレベルまで歯を白くすることが出来ることから「究極のホワイトニング」ともよばれています。

 

ただし、キラッと光る白い歯をした芸能人の方の中にはホワイトニングではなく、セラミックスなど被せものをしている方もいらっしゃいます。

どの程度まで白くしたいのか、それに合った施術方法は何か、納得がいくまで歯医者さんに相談してみましょう。

 

白くならない歯もある

理想の白い歯を目指すにあたって一点注意点です。それはホワイトニングでは白くすることができない歯もあるということです。その歯とは歯の神経(歯髄)が死んでしまっている歯です。

 

ホワイトニングは基本的に神経のある歯に対して効果があるため神経がない歯(差し歯なども含めて)はホワイトニングでは白くすることはできません。

 

対処法としてはセラミックなどの被せものをすることで、他の歯と合わせた白い歯にすることが可能です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ご自身の歯が今どのくらいの白さなのか、理想の白さに到達するには何段階白さをアップさせる必要があるのか、歯医者さんで相談してみてくださいね。