歯科ホワイトニングで使われるシェードガイドとは?種類・使い方について解説します

「シェードガイド」というものを知っていますか。

ホワイトニングの施術を受ける際にカウンセリングなどで歯科医院の方に見せてもらったことがある方もいらっしゃるかもしれません。

本記事ではシェードガイドとは何かについて解説してきます。

シェードガイドとは

シェードガイドとは一言でいうと「歯の色見本」です。

 

ホワイトニングの施術を受ける際に今自分の歯はどの色か、そしてホワイトニングをすることによってどの程度まで白くしたいのか、指標とすることができます。

 

またホワイトニング途中でも、その時点でどのくらい白くなったかという効果段階を分かりやすく見比べることができます。

 

歯科医院で準備されているので、ホワイトニング施術を受ける患者さんがご自身で購入することはありません。

 

また歯の神経が死んでいてホワイトニング効果が得られない歯は、セラミックなどの被せものをすることがありますがそうした際、被せものの作成を依頼する技工士さんに向けて、歯の色を伝えるために実際の歯と並べて写真を撮ったりといったことでも使用されます。

 

シェードガイドの種類

歯科医院でよく使われているシェードガイドは「ビタ・シェード」というもので16種類ほどの違った色味の歯が並んでいて徐々に明るくなるように並んでいます。

 

他にも「ホワイトニング」で目指す色合いの明るい白4色のみを並べているシェードガイドなどもあります。

 

シェードガイドの見方

ここでは歯科医院でよく使用されている「ビタ・シェード」の見方を解説していきます。

先程16種類ほどの色味が並んでいるとお伝えしましたが、その16種類の中でもABCDと4つの色調系統に分かれています。タイプ別の色調の違いは以下の通りです。

 

  • A系統 赤茶タイプ
  • B系統 赤黄色タイプ
  • C系統 灰色タイプ
  • D系統 赤灰色タイプ

 

日本人の多くはA系統だといわれています。

またシェードガイドの歯の並びは以下のようになっています。

 

W1、W2、W3、B1、A1、B2、D2、A2、C1、C2、D4、A3、D3、B3、A3.5、B4、C3、A4、C4

 

最も色味の明るいW1、W2は芸能人のような真っ白は歯です。そのとなりのW3からA1あたりが人から見てもはっきりと白いなと気付いてもらえるようなレベルです。

一方で日本人の平均的な歯の色はA3.5だといわれています。

 

A3.5からどのレベルまで白くしたいか、その理想の歯の白さによってもホワイトニングの方法やその施術にかかる期間や受診回数、費用なども異なってきます。

 

もちろん普段の生活習慣や加齢などによって、平均とは色合いが違う可能性もあるのでまずは、歯科医院で確認してもらうのも良いかと思います。

 

まとめ

ここまでシェードガイドとよばれる歯の色見本について解説してきました。

 

普段の生活の中では使用する機会がないものですが、ホワイトニングを検討されている方は、歯科医師さんと目標にする歯の白さを明確に共通認識できる指標ですのでこんなものがあるんだなくらいに覚えていても良いかもしれません。

 

ホワイトニングを始める前にシェードガイドを使ってご自身の理想の歯の白さを見つけましょう。